CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
全力ウサギ
全力ウサギ (JUGEMレビュー »)
イケダ ケイ
素晴らしいです。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 使用機器紹介「B&W MATRIX 805」その2(葛藤篇) | main | HV★ロード・オブ・ザ・リングを見る(前編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
使用機器紹介「B&W MATRIX 805」その3(設置篇)
知人に
「お前のプロフィールには何もかいてないな。」
とご指摘をうけ、

ちょっとだけ付け足しました。


こんばんは、
葛藤篇からのつづきです。

さて、設置状況はといいますと、
先ずセンターに使用しているM805はACOUSTIC REVIVEの「クロロプレンインシュレーターCP-4」の上にスピーカーベース「TAOC 300DLC」を置き、その上にハネナイトAVインシュレーター「audio-technica AT6091」を置いてその上に設置しています。

リアに使用しているM805はスピーカースタンド「ACOUSTIC REVIVE YSS-110 特注4本足」の上にやはり「audio-technica AT6091」を置いてその上に設置しています。

「audio-technica AT6091」は吸着性のようなものがあり、ちょっとやそっとスピーカーにぶつかったくらいではスピーカースタンドからスピーカーが落ちたりしません。殆どそのためだけにこれを使っています。特にリアのスタンドは高さ110cmもあるので恐いです。

リアスピーカーは部屋(6.5畳狭い!)の関係で視聴位置の真横に左右向かい合わせに設置しています。真後ろの音場がやや希薄になるのですが致し方無しです。
Integra Research 」を使用していたとき7.1chも試しましたが、komoの部屋だとサラウンドバックを自分の頭のすぐ20cmくらい後ろに置く事になるので、いくらディレイやレベルを調整してもそこでスピーカーが鳴っているのが解り逆に不自然でした。


これは5chの質を高めた方がいいよな


という結論に達し、「THETA CASABLANCA 2」を導入!
真後ろの音場の希薄さをその圧倒的な情報量で埋め尽くせ!!!
といわんばかりに...........。(妄想)






今はそれなりに安心して聞いていられます。





使用機器紹介「B&W MATRIX 805」完
| ホームシアター | 20:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:22 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://komo.jugem.cc/trackback/16
トラックバック