CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
全力ウサギ
全力ウサギ (JUGEMレビュー »)
イケダ ケイ
素晴らしいです。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ドーン・オブ・ザ・デッドを見る | main | 使用機器紹介「B&W MATRIX 802 Series3」その1(導入篇) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
キャシャーンを見る
※ネタバレっぽい表現を使用していますので、未見の方はご注意下さい。
またしても映画の感想です。
本業はカメラマンらしいですが、日本の MUSIC VIDEO の監督が映画を作ったということで、僕もそんな感じの仕事をしているのでとりあえず見てきました。それも題材は「キャシャーン」です。3,4年前、某監督と「実写にするならキャシャーンいいですよね。」とか話していましたら、今回宇多田ヒカルの旦那さんでもある紀里谷和明氏が実写映画化するとのこと。イイトコついてますね〜。最高ですね〜。題材は......................。
立川シネマシティで見ました。数年前はこの映画館が音響、映像、環境ともに最強!と思っていたのですが、最近のシネコンと比べるとちょっと古さは否めませんね。椅子メチャクチャ狭いし。THXのところは違いますけどね。最近の一番のお気に入りはヴァージンシネマズ六本木ヒルズです。
で、感想ですが、キャシャーンが最初(にして最後)にアンドロ軍団と戦うところまでは結構良い感じです(始まってから1時間ちょっとくらい)。テンション高いし、CGの解像度の低さも気になりません。おそらくハリウッドの様に作りこむわけにはいかないと思うので、この「キャシャーン」の映像は説得力のある絵を安く作る方法の一つだと思います(とはいえ制作費6億円らしいですが)。また、アンドロ軍団との戦闘シーンがある意味新しくてカッコイイ!(キャシャーン自身の人間性、ルックスはカッコ悪い)。でも、このシーンて紀里谷さんがコンテ描いたんじゃないらしいです.......。
問題はその後です。はっきり言って後半グダグダです。なんか編集へたですね。作品に愛着あるのは解りますけど、もっと切ってもいいんじゃないでしょうか?と思っていたら、なんか最初は4時間あったらしいですね.......。
まとめると、キャシャーンはヤマトの古代進であり、その世界はイデオン発動篇???ていう感じです。
でもこの「キャシャーン」興行収入いいらしいですね。上映の延長が決まったり、ハリウッドからリメイク話しが来たとか来ないとか。
どうなんですかね〜。
実際に映画を見ている時に後ろの列に座っていた女子高生くらいの人達が映画の最後くらいにワンワン泣いていました。
「ウ〜ン」僕にはよく解りませんでした。

伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇 【劇場版】
伝説巨神イデオン 接触篇/発動篇 【劇場版】

| 映画 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 11:42 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://komo.jugem.cc/trackback/4
トラックバック
憎しみと闘い、愛とキャシャーン(CASSHERN)を見て思うこと…
C A S S H E R N .com Appleのトレイラーはこちら。(要Quicktime)←ヘッドフォンのある方は是非使ってみて下さい! つい昨日、憲法改正と戦争と平和について考え始めたときに、 ちょうどこの映画にであいました。 cちゃんのお薦めもあって、お昼過ぎに、見てきました。
| takeratta::Blog+ | 2004/05/21 6:57 AM |
【禅問答】CASSHERNの瞳にうつるものは何?!
CASSHRNの壁紙をダウンロードして、未だに余韻にひたっているtakerattaです。 ふとね、おもったの。 東鉄也(CASSHERN=キャシャーン)の瞳に よーくみると、何か影が映っているんです。 そこでTB企画、お題です。 ご覧になった方もまだの方も、一体何がうつっていると思い
| takeratta::Blog+ | 2004/05/21 7:06 AM |
● 映画 ● 【 CASSHERN 】 ●キャシャーン● 感想  【ネタバレ有】 その2
キャストでは、宮迫と唐沢が嫌で…。 本当に嫌でした。 良かった。とても良かった。邦画の嫌というのも臭わない。 宮迫どう使うのか?と思ったら、なるほど!という使い方で 彼のお笑いのあざとさや、下品さが出なかった。 むしろ宮迫の目が活きていた。嫌だ
|   (●・∀・●)   | 2004/06/22 6:32 PM |