CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
全力ウサギ
全力ウサギ (JUGEMレビュー »)
イケダ ケイ
素晴らしいです。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< A&Vフェスタ2005にて「VPL-VW100」の映像を見る | main | QRDを導入する >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
HV★下妻物語を見る
最近、路上喫煙禁止の区域が多くなってきましたね。
そんな中で今日、タバコを道路にポイ捨てしたオッサンに、

「オイッ!タバコ捨てんなよ!」

と怒鳴り飛ばし、
道行く人達の視線を遠巻きに浴びていたkomoです。


こんばんは。



さて、



下妻物語ですが、

下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉
下妻物語 スペシャル・エディション 〈2枚組〉



WOWOWにてHV放送されたものをD-VHSに録画して視聴。初見です。





いや、これ面白いです!(大マジで!)




脚本というか、構成がしっかりしていて見ていて飽きません。
かといって、某ジェットコースタームービーのように何もかも捨ててぶっ飛ばしているわけでもありません。
話しの進め方が非常にうまいと思いました。

あと、主役二人のキレっぷりが爽快です。
役が反対でも面白かったのではないでしょうか?

絵的にも悪くなかったと思います。
プロジェクターの電源を繋いでいるコンセントをPADに替えてから、
PADという脳内補正がかかっているためか分かりませんが、最近なんでもキレイに見えてしまいます。
コンセント代える前と比べると、ノイズが格段に減り、フォーカスが合い、色乗りが濃くなってます。

この下妻物語も昨今の洋画のような解像感はありませんが、程良くイイ感じに見えてしまいます。

まぁ、音はそれなりということで・・・





さて、





確かに、下妻物語は面白いと思ったのですが、





komoは昨今の邦画が好きではありません。


好きではない理由★
・流行りの舞台俳優や演劇からきたスタッフの箱庭的な邦画が多い。
・え?これドラマじゃん。こんなんだったらTVドラマでやればいいじゃん、という夢もスケールもへったくれもない邦画が多い。
・金ないんだったら、こんなの作んなよ!というショボイVFX映画が多い。
・あるTV番組を見た時に映画「血と骨」とか撮ってる崔○一 氏が語っていたのですが、
「ハリウッドの映画の作り方はなんでも契約,契約なんですよ。」
(確かに賃金や就労時間や休憩時間や誰がどこまで口を出して良いとかetc、かなり細かいところまで契約を交わして仕事をしているようです。)
「日本は違うんですよ。みんなで作り上げていくというかね・・・そういうところが日本人の良いところなんですよ(と言っておられたような気がします。)」


ハァ?


映像の仕事させて頂いているkomoに言わせれば、
それはつまり、「なあなあ」で仕事してると!
ていうか、金ないだけじゃん。
いろんな人がその金がないぶん泣いて仕事してる訳です。
「○○ちゃん。これやってよ〜。ちょっと予算厳しいんだけど、ほら、最後のテロップに名前載せるからさ!」

もう、バカかと、アホかと・・・

金はないけど凄いことやりたい!ハリウッドみたいなことやりたい!これが今の邦画です。(できる訳ねぇ〜だろ!)
または、TVドラマを映画館でやってるだけ!これが今の邦画です。

また、映画界からきた悪習も映像業界に溢れてます。
・くだらない体育会系気質!
・カメラマンの地位が異様に高い!
・映画しかやってない人達は映画が一番偉いと思っている!(これがたち悪い!)


はっ?なんか話しが仕事の愚痴に・・・
(ちなみにkomoは邦画のお仕事は今迄一度しかやったことがありません。周りで邦画のお仕事で泣いている人達のことは良く知っています。)



そんなkomoが好きな邦画は・・・



・黄金時代の角川映画
芸術的なものとか何もありませんが、見てる人を圧倒する説得力があります。
特に、復活の日、戦国自衛隊、魔界天生(ジュリーのやつ)、etc...
・市川崑監督&石坂浩二氏主演の金田一耕助シリーズ
あのオドロオドロしい中の石坂さんの金田一耕助の爽やかさ。
まぁ爽やかって言うのは変ですね。
爽やかではないですけど、あの世界の救いになってるんですよ。金田一さん。
そこら辺の微妙なバランスが非常に面白いです。
あと出演している役者さんも上手い個性的な方達ばかりです。
今みても編集かっこいいです!

komo的にはここに加えても良いと思いました。


下妻物語!(笑)


| HDTV | 19:21 | comments(5) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | 19:21 | - | - |
コメント
やれやれ。
やっと参加できそうな話題になった。w
ひさしぶりです。
下妻はよいね。
茨城統一とジャスコがいい。

ところで「スウィングガールズ」は見た?
ブラバン経験者だった貴方にはオススメ。


邦画。探せば面白いのもあるよ。…たぶん。

| ike-p | 2005/09/29 1:03 AM |
俺もWOWOWで初見だったけど、これ確かに面白かったね。
市川監督の金田一シリーズはWOWOWで録画もしたけど、金田一耕助の事件匣と犬神家の一族のDVD買っちゃったよ。

ここ数年は邦画って言うか、昔の今の引っくるめて特撮にはまってる。
なんかあのチープさが良い感じ。
| NAG | 2005/10/03 10:58 PM |
お疲れ様です。気になるニュースがありましたので・・・
「デジタルシネマ共同トライアル「4K Pure Cinema」の実施について・・・」

| 会社後輩1 | 2005/10/14 7:17 AM |
・ike-pへ
お久しぶりでございます。
かなり、業務連絡になってしまいますが、おかげさまで、近々I君とマジでお仕事することになりました。なんか久しぶり過ぎてはずかしいよね。

・NAGへ
金田一耕助の事件匣はかなり名作BOXですな。そのBOX買うまで犬神家の一族以外は角川映画じゃないって知らなかったよ。次世代DVDでもキッチリ発売してもらいたいですな。
| komo | 2005/10/15 9:01 PM |
・会社後輩1へ

これでしょ。

http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20051011/4kpure.htm

気になるよね。
これでティムバートンの「コープス・ブライド」見たいな。
プロジェクターは外観だけだとSONYのSXRDの4Kプロジェクターに見えるけど、どうなんだろ?

もしそうだとすると、SXRDあなどれんな。
VPL-VW100完成品はあなどれないかも?
| komo | 2005/10/15 9:07 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://komo.jugem.cc/trackback/69
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/31 3:56 PM |
市川監督の「犬神家の一族」の評判
「犬神家――」は過去に何度も映像化されている。 最も有名なのは、76年に公開されて大ヒットを記録した市川崑監督(90)の作品だろう。 “日本映画の金字塔”といわれる自身の代表作を、市川監督が 「この年でもう一度チャレンジしてみたい」 とリメーク。
| 瞬★旬!キーワード〜このヒトだあれ? | 2006/11/02 4:24 PM |